ホーム > 電子部品 > 有機ELディスプレイ(OLED) > OLEDとは?

有機ELディスプレイ

構造

 

OLEDは、透明基板の上に機能性有機材料の積層膜を2枚の電極で挟んだ有機EL素子を並べた構造になっています。

有機ELディスプレイの構造

発光原理

発光原理

有機EL素子は、2枚の電極に挟まれた機能性有機薄膜層にそれぞれ正孔と電子を流し、それらが発光層で再結合することで生まれたエネルギーが光に変わることで機能します。

白色発光とカラー化方式

白色発光

双葉OLEDは青色発光材料と橙色発光材料の2色の組合せによる白色発光を得ています。通常は各色毎に発光寿命が異なるために、時間経過とともに白色の色味が変化します。
これに対して双葉OLEDの白色は特殊な層構造により、非常に長寿命の白色発光であることが特長となっています。

カラーフィルター方式の採用

双葉OLEDは高輝度・長寿命白色有機EL素子とカラーフィルター方式を組合せることで、各色毎の寿命の欠点を解決し車載用途を含む様々な分野の製品に採用されています。