ホーム > 電子部品 > タッチパネル(TP) > タッチパネルとは?

タッチパネル

タッチパネルとは?

タッチパネルは、ガラスやフィルムの基板上に、透明な電極を形成して製作されるセンサーデバイスです。

タッチパネルには、静電容量方式や抵抗膜方式などの種類がありますが、双葉電子工業では、静電容量の変化からタッチされた座標を読み取る 静電容量方式のタッチパネルの開発、生産を行っています。
タッチパネルは、液晶などのディスプレイデバイスと組み合わせて使用されます。
タッチパネル付きディスプレイの画面にタッチされると、その位置座標や操作情報がマイコンやソフトウェアで処理され、画面の切り替えや、アプリケーションの 起動ができます。キーボードやマウスなどの入力機器なしに画面を直接タッチしての直感的な操作を可能にします。
スマートフォンの普及から、家電や車などタッチパネルの採用が広がっており、ディスプレイにタッチパネルはなくてはならない存在になりつつあります。

構造

1枚のガラス基板の片面にX電極とYの電極を構成し、メタル配線からFPC/COFを介して信号を取り出す構造になっています。

動作原理

静電式タッチパネルには、透明電極で構成されたX及びY電極があります。
各センサーラインは順次スキャンされ、各センサーの静電容量の変化量からタッチされた位置の重心位置が算出されその位置がタッチ座標として検出されます。