ホーム > 社会・環境への取組み > 地域貢献活動

地域貢献活動

Futabaドローンスクールによる操縦者の育成

当社は、無人航空機産業の健全な発展のために、当社所属のインストラクターや社有する屋内・屋外飛行場を使用して定期的にドローンスクールを開催しています。

ドローンスクールではラジコンで培ったノウハウを授業に展開し、全国から受講者が集まっています。「安心」、「安全」、「法遵守」をスクールの理念に掲げ、建造物・橋梁・太陽光パネルの点検、空撮による広報活動、物流倉庫内での在庫管理や施設管理など幅広い分野で活躍できる優れた操縦者を育成しています。

茂原ロータリークラブ主催「出前教室」

茂原ロータリークラブ主催の出前教室は、茂原市内の中学生を対象に各企業の技術を紹介する体験教室です。

当社は、ラジコンヘリコプターやラジコンエンジンカーのデモを行い、製品の開発がどのように行われているかなどの話を交えながら、実際の製品を見て触れてもらいました。

さくら散策

当社長生工場では、毎年「長生工場さくら散策」を開催しています。社員だけではなく一般にも開放しており、フタバビジネスシステム株式会社が育てた水耕栽培の野菜販売や消防車両の乗車体験などのイベントも行われ、ご来場いただいた皆様に大変好評でした。

クリーンアップ活動

当社では営業所を含む全事業所において、周辺地域の自主的清掃活動を年2回行っています。

2017年度は、延べ339名が参加し、事業所周辺を清掃しました。

実施年月 参加人数 回収重量
2017年5月 190名 86kg
2017年11月 149名 132kg

「農園工房ふたば」新鮮野菜と果物の生産と販売

フタバビジネスシステム株式会社では、安心・安全を追求した農業ビジネスの取り組みを行っています。主な農作物として新鮮野菜やバナナやマンゴーなどの熱帯果物の生産と販売を行っています。

新鮮野菜は、土の代わりにバミスサンド(軽石)を培養土とした高設栽培をしています。土耕栽培と異なり、土壌病害の心配が少なく綺麗な野菜の栽培ができます。

新鮮野菜や熱帯果物の販売を通じて地域との交流を深めるとともに、地産地消の広がりを目指しています。

地域防火活動

当社は特設消防隊を組織しており、5台の消防車を配備し、46名(内、女性4名)の消防隊員で活動しています。

社内の消火活動だけでなく近隣の火災などにも出動し、長生郡市広域市町村圏組合消防本部と連携をとりながら、地域貢献の一環として地域防火活動の一翼を担っています。

2017年度は18回の出動を数えました。

災害備蓄品の寄贈

当社では、大規模災害などの万一の事態に備え、防災用品や非常食、飲料水などを備蓄しています。

備蓄品入替により発生した余剰備蓄品をフードバンク等に寄贈しています。2017年度は、2回に分けて、計700食の非常食を茂原市社会福祉協議会に寄贈しました。

「もばら阿波おどり」参加

毎年7月に行われる「茂原七夕まつり」は、多くの観光客が訪れる夏の一大行事です。色とりどりの華やかな七夕飾りの中、毎年恒例の「もばら阿波おどり」が行われ、当社は茂原市民の一員として毎年参加し40年という節目を迎えました。

地域マングローブ植樹活動

広範囲に減少してしまった熱帯林をマングローブの植樹により再生する活動が各国で行われています。マングローブはCO₂を吸収して蓄える効果が高く、大気中のCO₂濃度を減少させることにつながります。

FUTABA Corporation of The Philippines(フィリピン工場)では、工業団地(Laguna Technopark)が主催するマングローブの植林活動に10名参加し、約100本のマングローブを植樹しました。今回の活動は、CO₂の吸収に加え、沿岸地域の洪水や土壌侵食を防ぐことを目的としたものです。