ホーム > 社会・環境への取組み > 環境方針

事業活動における環境配慮の方針

当社グループは、地球環境の保全と継続的な改善が当社の責務と捉え、環境報告書の継続的な社外公表や、海外に展開している関係会社を含め、環境マネジメントシステムを推進すると共に、グローバルに展開する為、各種規制などへの迅速な対応体制を構築し、業績向上と両立する環境経営の実践を進めています。

- 環境方針 -

基本理念

双葉電子工業株式会社は、自然の営みを尊重し、環境負荷の遺産を後世に残さないように、地球環境の保全と継続的な改善に努め、人にやさしい工場環境の実現を目指して行動します。

環境スローガン

『 本質を直視して
                       環境付加価値製品化の推進を 』

行動指針

■環境経営の推進

  1. 環境活動を企業の社会的責任の重要課題の一つとして認識して、経営方針と整合させた環境活動を推進する。
  2. 法的要求事項の順守はもとより、社会的期待を視野に入れた環境目標を設定し、目標達成により経営価値の創出を図る。
  3. 日常活動に関る環境負荷の低減、汚染の予防などに繋がる環境活動に積極的に取り組み環境経営を継続的に改善する。
  4. 関係会社や海外工場にも環境活動の推進を強化し、グローバルな環境改善活動を実施する。
  5. 組織に関連する全ての人の環境意識を高め改善活動に取り組む。

■環境調和型製品の開発推進と環境負荷低減

  1. 資源の有限性を認識し、製品設計から流通に至るまでの資源の有効化、ムダ取り施策を推進し、連結ゼロエミッションを達成する。
  2. CO2排出削減、温室効果ガス排出削減に積極的に取り組む。
  3. 顧客価値を創造し、環境付加価値対応製品の開発に取り組む。

■利害関係者との連携と貢献

  1. 地域社会や利害関係者に対し、環境技術や製品を提供しながら環境活動を通じて社会に貢献する。
  2. 環境方針を公開するとともに必要に応じて環境活動を開示し、相互理解に取り組む。


双葉電子工業株式会社
代表取締役社長 高橋和伸