ホーム > 産業用ラジコン > 中距離無線モデム > 無線アクセスポイントFDL-08 > 特長・説明

製品特長

FDL-08の7大特長

  1. 当社2.4GHz帯SS無線モデムFDL-01を内蔵・搭載したシリアル通信機器をEthernetネットワークに接続する無線アクセスポイント
  2. 1台の無線アクセスポイントで最大32台のシリアル通信機器を、 固有のIPアドレスを持った無線TCP/UDP端末として管理可能
  3. 無線LANシステムとの共存性に優れた、無線周波数「おまかせグループ」機能を搭載
  4. 選択可能なチャネル数が89チャネルと豊富なため、同一エリア内に複数システムの設置が可能
  5. 周波数分割により、Bluetooth、IEEE802.11b無線LAN、ZigBeeなど、 他の2.4GHz帯無線システムとの共存が可能
  6. Webブラウザにより簡単にパラメータの設定が可能
  7. FDL-08をEthernet上に複数台設置することで、移動するシリアル通信機器を広範囲にカバー(ローミング機能)

主な用途

  • 小型ロボット・ピッキング台車などの移動体との無線通信
  • 電力計・温度センサー・流量計からのデータ収集
  • PLC・ボイラー・空調機のリモート監視
  • FDL-01を搭載した小型ハンディー機器の基地局

ページトップへ

製品説明

FDL-08は、FDL-01との相互通信が可能であり、FDL-01を組込んだ各種シリアル通信機器を簡単にEthernetネットワークへ無線接続できます。 マルチIP機能を搭載しており、1台の無線アクセスポイントで最大32台のシリアル通信機器を、 固有のIPアドレスを持った無線TCP/UDP端末として管理可能です。 また、ローミング機能・ルーター機能を利用することで、広範囲な通信エリアを確保できます。

89チャネルと豊富な周波数チャネルから選択可能です。さらに、新機能として無線周波数チャネルの 「おまかせグループ」機能を搭載しました。これは、設置場所の電波環境に応じて、任意の周波数チャネル複数をグループ化し、 その中で通信状況が良い周波数チャネルを無線機自身が判断・選択して通信を行う機能です。これにより、 無線LAN、ZigBee等の他の2.4GHz帯無線システムとの共存性に優れています。

通信距離は屋外見通し250m、屋内50mと安定した通信が可能です。

ページトップへ

製品画像

2.4GHz帯SS無線アクセスポイントFDL-08