ホーム > 産業用ラジコン > 新着情報 > 双葉電子工業株式会社と画像伝送業界のリーダーAmimon 社が協業

双葉電子工業株式会社と画像伝送業界のリーダーAmimon 社が協業

2016年3月22日

当社とイスラエルのAmimon社は、Amimon社の製品の広範囲な販売・サービスで協業することで合意しました。

Amimon 社は、フルHD(1080P/60fps)の映像をゼロレイテンシー(実質遅延ゼロ:1msec以下)でリアルタイムに伝送する5GHz帯画像伝送システムを設計製造し、 その伝送距離の長さ(500m~1km程度)と堅牢性から、放送映像業界、医療機器、海外のUAV等から幅広く支持されています。

一方、当社は、ホビー用ラジコンのみならず産業用遠隔操作機器でも幅広い実績があり、産業用ドローン業界では、操縦用送受信機や各種サーボアクチュエータを豊富に取扱っており、 今回、商品のバリエーションを高めるため、自社の画像伝送装置の上位機種としてAmimon社製品を取り扱うことに致しました。
また、Amimon社製品そのものに限らず、画像処理ボードを組み込むことによるカスタム装置の開発、技術サービスや修理についても取扱う予定です。

産業用ドローンでは、通信の信頼性が特に重要で、スペクトラム拡散通信が主流であるなか、当社の直接拡散通信技術と周波数ホッピング技術を併せ持つFASSTest方式が業界で支持されています。
当社では、ISO9001認証取得の元、設計から製造までが一貫管理されており、他社製品との差別化も加わって、送受信機では国内9割以上のシェアを持っています。
当社固有の技術であるドローン機体側のデータバス通信プロトコルは、単方向のS.BUS、テレメトリタイプのS.BUS2が業界でデファクトスタンダードとなっており、各種センサー接続はもとより、最近ではカメラジンバルやカメラ自体の制御もこのデータバスを介して行われる例が多くなっています。

当社は、以前よりS.BUSの使用許諾をAmimon社に付与するなど技術的な協力を行ってまいりましたが、今般、S.BUSを搭載したAmimon社の製品を扱うことで合意しました。

Amimon社の製品については、「CONNEX」(伝送距離:1km)をはじめ、さらに小型の「CONNEX Mini」(伝送距離:500m)などを国内でも何社か販売を手掛けていますが、当社でトータル的に扱うことにより、顧客への利便性が高まります。

今後、両社はドローンの普及に伴い多様化する様々なニーズに応えるために、カスタム製品の開発等においても技術協業を深め、サービスサポートへの展開を推進していきます。
なお、当社とAmimon社は、昨今のドローンの普及に伴い、ドローンの様々な用途開発が行われているなか、5GHz帯の屋外空中における電波法規の改正審議を見越して準備を進めています。
また、当社は、ドローンの安全・安心な操縦と法に準拠した健全な使用を普及させるためのスクールも開校し、4月より受講生の募集を始めます。

以上

CONNEX Mini(Amimon 社製)

CONNEX Mini(Amimon 社製)

製品に関するお問合せ先

〒299-4395 千葉県長生郡長生村薮塚1080

電子機器事業センター 電子機器営業部 営業2課
担当 堀江 一也

TEL 0475-32-6173
FAX 0475-32-6179

本件に関するお問合せ先

〒297-8588 千葉県茂原市大芝629

双葉電子工業株式会社 業務管理本部 総務部
部長 渋谷 育男

TEL 0475-26-0106
FAX 0475-23-1346

メールでのお問合せ

製品の詳細につきましては、こちらをご覧ください