ホーム > 金型用部品 > ホットランナシステム > 48点温度コントローラ > 48点温度コントローラ 特長

48点温度コントローラ

特長

48点温度コントローラー

操作画面

離れた場所でも操作できる有線式操作パネル
成形機周辺の空きスペースに本体を置き、離れた場所で操作が可能です。成形機周辺の作業スペースを確保し、作業者が成形機の目の前で、状況を確認しながら、温度を制御することができます。
直感的なタッチパネル式ユーザインターフェース
カラータッチパネルを搭載し、設定、保存、監視等の操作を、簡単かつ直感的に実行することができます。
6個分のバルブコントロール用出力を標準搭載
バルブゲート開閉用の出力を6個分標準搭載しました。各出力は独立したタイミングで制御可能。また、1ショット中に複数回(最大3回)バルブゲートの開閉を行う、マルチアクションにも対応しています。

機能

ソフトスタート機能 ヒータの長寿命化を目的として昇温開始時のヒータ通電量を抑制します。
同時昇温機能 マニホールドブロックなど昇温が遅い部分に合せて昇温し、樹脂劣化を抑制します。
スタンバイ機能 予期せぬトラブル発生時など、長時間成形開始信号が入力されない際は、自動的にヒータの温度を下げて樹脂の劣化を抑制します。 操作画面上から手動で「スタンバイ」設定が可能です。
バルブ制御機能 ソレノイドバルブを6系統まで独立したタイミングで制御できます。 各ソレノイドバルブの開閉動作は3回までプログラム可能です。ソレノイドバルブは別途ご用意ください(別売りの「ソレノイドボックス」がございます)。
成形機連動機能 成形機と接続して、ソレノイドバルブ制御やスタンバイへの自動移行を行います(一般的には型締め信号を利用します。)
金型管理機能 設定温度、バルブ制御プログラム等を4型分保存できます。

お問合わせ