ホーム > 金型用部品 > 新着情報 > モールドマーシャリングシステム「1ch圧力中継アンプ」を新たにラインアップ

モールドマーシャリングシステム「1ch圧力中継アンプ」を新たにラインアップ

2017年10月19日

当社は、モールドマーシャリングシステムのラインアップとして「1ch圧力中継アンプ UPP01」を2017年10月31日に発売します。

モールドマーシャリングシステムは、ブラックボックスとなっていた金型内の樹脂圧力・温度・流速 及び金型表面温度を、パソコンや各種計測器にリアルタイムに出力する射出成形用の計測システムです。金型内部の状態を数値化し、成形条件の最適化、不良品の自動選別等の様々な用途に活用可能です。

当社では、2017年8月に、型内圧力・型内樹脂温度・金型表面温度に加え、成形機の射出圧力等の情報を1台のPCに統合し、より高度な解析を実現するための統合計測システムとして、「射出成形監視システム MVS08」を発売しましたが、型内圧力を計測したい場合、「圧力計測アンプMPS08」または「MPV04」を接続する必要があり、シンプルなシステム化が求められておりました。

今回発売する「1ch圧力中継アンプ UPP01」は、直接MVS08に接続し、型内圧力を計測することができるため、シンプルで柔軟な接続構成を実現しています。

また、株式会社ソディック様の射出成形機であれば、直接成形機に接続することができ、型内圧力波形を成形機の操作画面で確認することができます。また、「Sodick-IoT」ネットワークを通じて、射出成形機の情報と合わせて型内圧力を一元管理することができます。

本製品は、10月24日(火)~28日(土)にかけて開催される「IPF Japan 2017」でも展示を行う予定です。

新たにラインアップする「1ch圧力中継アンプ UPP01」
新たにラインアップする「1ch圧力中継アンプ UPP01」

主な特長

■「射出成形監視システムMVS08」の接続構成をシンプル化

圧力計測アンプMPS08またはMPV04を用いることなく接続することができるため、必要最小限の計測点数でシステムを構成することができます。

■ 株式会社ソディック 射出成形機への直接接続と、IoTによる一元管理を実現

株式会社ソディック様の射出成形機であれば、「MVS08」を介することなく、直接成形機に接続することができるだけでなく、「Sodick-IoT」ネットワークを通じて、射出成形機の情報と合わせて型内圧力を一元管理することができます。

システム構成および販売価格

システム構成 販売価格(税抜き)
射出成形監視システム・セット MVS08S 398,000円
1ch圧力中継アンプ UPP01 49,800円
圧力センサ エジェクタピン形 標準品(SSEシリーズ) 26,800円
圧力センサ ボタン形 50N・200N・1000N 26,800円
圧力センサ ボタン形(200℃耐熱タイプ) 50N・200N・1000N 29,500円
圧力センサ ボタン形(200℃耐熱タイプ) 4000Nタイプ 39,800円
圧力センサ ボタン形(200℃耐熱タイプ) 16000Nタイプ 39,800円

技術的なお問合せ先

〒299-4395 千葉県長生郡長生村薮塚1080

精機プロダクト事業センター 技術開発部
担当 野原 康弘

TEL 0475-32-6358
FAX 0475-30-1076

本件に関するお問合せ先

〒297-8588 千葉県茂原市大芝629

業務管理本部 総務部
部長 渋谷 育男

TEL 0475-26-0106
FAX 0475-23-1346