ホーム > 金型用部品 > 新着情報 > ホットランナシステム 「48点温度コントローラ」を新たにラインアップ

ホットランナシステム 「48点温度コントローラ」を新たにラインアップ

2016年5月27日

当社は、ホットランナシステムの新たなラインアップとして「48点温度コントローラ」を2016年5月30日より発売します。

樹脂製品の主要な成形法である射出成形では、製品となる型部まで溶融した樹脂を流すための通り道であるスプルやランナと呼ばれる不要部分が成形されます。 この不要部分は製品と切離され廃棄もしくは、粉砕し新しい樹脂に混入して成形に使われます。
ホットランナシステムは、この不要部分のスプルやランナを無くす、または最小限にし、成形コストの削減や成形サイクルの短縮に大きな効果を発揮することから、近年、導入が進んでいる射出成形用のシステムです。

一般的なホットランナシステムは、マニホールドと呼ばれる金属製流路内を流れる樹脂に熱を加え、樹脂を溶融させた状態にするために、電気ヒータを使用します。 電気ヒータは樹脂の流動性を左右する構成部品であり、電気ヒータによる均一な加熱システムの設計技術が重要となります。

ホットランナシステムの温度を制御するための製品として、2013年10月に「24点温度コントローラ」、2015年4月に「12点温度コントローラ」を発売いたしましたが、より多点の温度制御を求められるお客様に対応する製品として、今回新たに「48点温度コントローラ」を開発いたしました。

主な特長

■ 有線式操作パネル
操作パネルを取外して使用することで、成形機周辺の省スペース化と成形作業の効率化を実現。
成形機の操作側で成形状態を確認しながら、温度を制御することができます。
■ 直感的なタッチパネル式ユーザインターフェース
カラータッチパネルを搭載し、設定、保存、監視等の操作を、簡単かつ直感的に実行することができます。
■ 6個分のバルブコントロール用出力を標準搭載
バルブゲート開閉用の出力を6個分標準搭載しました。各出力は独立したタイミングで制御が可能です。
また、1ショット中に複数回(最大3回)バルブゲートの開閉を行う、マルチアクションにも対応しています。
新たにラインアップする「48点温度コントローラ」

新たにラインアップする「48点温度コントローラ」

販売価格

制御点数 販売価格(税抜き) 制御点数 販売価格(税抜き)
12 1,100,000 33 2,000,000
15 1,300,000 36 2,100,000
18 1,400,000 39 2,300,000
21 1,500,000 42 2,400,000
24 1,600,000 45 2,500,000
27 1,800,000 48 2,600,000
30 1,900,000

技術的なお問合せ先

〒299-4395 千葉県長生郡長生村薮塚1080

精機プロダクト事業センター 技術開発部
担当 山本 陽介

TEL 0475-32-6060
FAX 0475-32-6083

本件に関するお問合せ先

〒297-8588 千葉県茂原市大芝629

業務管理本部 総務部
部長 江澤 淳

TEL 0475-26-0111
FAX 0475-23-1346

製品の詳細につきましては、こちらをご覧ください